勃起ができるようになるのはなぜ?ED治療薬の作用について

ED治療薬の作用機序
ED治療薬は勃起の維持をサポートする役割です。
服用すると「勃起がずっと続くの?」と疑問に思う方もいますが、性欲促進剤ではありません。
性的刺激・興奮によって勃起する自然なセックスを可能にします。

ED治療薬の有効性を調べたところ、約80%以上も解決できるという結果がでました。
80%という数字は勃起不全が重症化している方も含まれており、軽度なEDではより高くなると言われているようです。

ED治療薬はPDE5阻害薬とも呼ばれています。
PDE5は海綿体に多く存在する酵素で、平滑筋をゆるめさせる“サイクリックGMP”と言われる情報伝達に関わる物質を分解する働きがあります。
勃起不全の男性はPDE5が活発になりすぎることにより、陰茎に伝える正常に機能しません。
ED治療薬を服用すれば、PDE5の働きを抑制して海綿体にあるサイクリックGMP濃度を上昇させます。
ED治療薬には血のめぐりを良くする作用もあるため、血流を海綿体にしっかり溜めこむと硬い勃起が誕生します。
作用が続いている間は勃起のコンディションが維持されるので、再度セックスすることも可能です。

日本には1,800万人ほどED男性がいると推計されています。
病院にいくと「女性の看護師に見られてしまう」「時間がない」「隠したい」と、行かないでいるED男性も。
EDはしっかりケアしていかないと、悪化してしまう恐れがあります。
今では通販から医薬品が購入できるので、EDを隠したい男性はスマホやPCから注文してみるのもひとつの手段です。
通販サイトでは、医薬品の口コミや商品の詳細も細かく記載されています。
原因はさまざまですが、セックスできないストレスを抱えてしまわないように、購入しやすい方法を選んでください。