ED治療薬飲んだら頭痛が起こるのはデフォルト?

ED治療薬の副作用

ED治療薬の副作用は、顔のほてりや頭痛が言われます。
主に言われるのが頭痛で日本の臨床結果では、バイアグラとシアリスは11%ほど、レビトラは6%ほどという発症率です。

ED治療薬を服用すると脳内の血管も拡張し周りにある神経を刺激するため、頭痛が起こる場合があります。
必ずしも頭痛が起こるわけではありません。
気にならないという方も多いので、「効果がでてきた」と前向きに捉えてください。

「頭が痛くてツライ」と感じる方は、市販の鎮痛剤を一緒に飲んでも大丈夫です。
鎮痛剤であればどの薬を使っても構いませんが、ロキソニンの併用が一般的。
バイアグラやレビトラに関しては、効果の発現とロキソニンが効くタイミングが一緒なので、同時に服用してください。
胃の弱い方は、鎮痛剤が胃粘膜を荒らす可能性があるので注意が必要です。
ED治療薬は基本、空腹時の服用を推奨しているので、少しだけ食事を摂る・胃薬も併用するなどして対応をとってください。

副作用の発生を抑えたい場合は、服用量が多すぎる可能性があるため摂取量を減らしてください。
錠剤を半分にカットして低用量にすると、副作用を緩和できる場合があります。
薬は服用量によって効果が高まるわけではなく、自分の適量を把握するのが大事。
バイアグラのジェネリック品であるカマグラゴールドは、100mgから販売されています。
日本人に適した量は50mg以下と言われているので、カットして服用するとコスパもよくなるのでオススメです。
カマグラゴールドを飲んで副作用を感じる時は、25mg・50mgからはじめてみてください。
副作用は数時間すれば収まるので、過度に心配しすぎずにリラックスして服用しましょう。